補綴科

補綴科(被せ物や入れ歯を作る科)

補綴治療(被せ物を作る治療)には私は顎咬合学会の認定医でもあり様々なこだわりがあります。一般に被せ物と言われるとセラミックによる審美的なことをイメージされますが一言に被せ物と言っても前歯を綺麗に治すことはある程度簡単に出来るケースもあります。しかし前歯が綺麗でも奥歯がボロボロだったり、まったく噛めない歯であってはその歯が長持ちすることはありません。
お口の中を一つと考え機能的で(使いやすくて)、審美的で(きれいで)長期的(長持ちする)な被せ物を作ることはおくだ歯科のモットーです。
その為には最初の審査診断(しっかりとした検査)が一番大切でその後の治療計画がその次に大切なのです。

→おくだ歯科の治療の流れはこちら

その後プロビジョナルレストレーション(最終的な歯と形の同じ仮の歯)を作成し、実際に患者さんに使用してもらい、壊れないか?見た目が問題ないか?顎が痛くならないか?患者さんと一緒に相談し、修正し、最終の被せ物を作っていきます。

いきなり最終の被せ物が入り噛みにくい、見た目が気に入らないそんな経験はありませんか?
それはプロビジョナルレストレーションでの審査、診断が出来ていなかったからなのかもしれません。

最初の状態  噛み合わせを高くして前歯も長くした仮の歯
最初の状態                仮の歯

ただプロビジョナルレストレーションは保険が効きませんので自費治療になってしまいます。ただの仮の歯かもしれませんが実はこれが一番大切な物だと私は考えています。
みなさんに満足する被せ物を、壊れない被せ物をそれがおくだ歯科の思いです。