費用について

おくだ歯科医院ではインプラントのほか歯列矯正やホワイトニングといった審美歯科治療にも対応しています。

これらは虫歯や歯周病の治療のような一般的な歯科治療に比べると、料金が高額です。

正直なところ、おくだ歯科医院のインプラントや審美歯科治療の料金は、他の歯科医院に比べて高額になる傾向があります。

しかしこれには明確な理由があります。

ここでは虫歯や歯周病の治療などの「保険診療」とインプラントなどの「保険外診療」の違いを解説したうえで、おくだ歯科医院の保険外診療の料金がなぜ高いのかについて、説明させていただきたいと思います。

保険診療と保険外診療

保険診療と保険外診療の「保険」とは、国民健康保険および社会保険を指します。

保険診療はこれらの保険が適用される診療のこと。患者様の経済的な負担は治療費全体の3割で済むため、より多くの人が病気の治療を受けられる仕組みになっています。

しかし保険診療として認められる治療には「病気に対しての最低限の治療」という条件が定められています。

そのため保険診療が必ずしも最善の治療でない場合もありますし、近年注目されつつある予防医療・予防歯科にも保険が適用されないケースが多々あります。

これに対して、保険外診療は保険診療以外の治療のことです。

最大のデメリットは治療費の全額が自己負担になるため、患者様の経済的な負担が大きくなる点。

一方で、最先端の技術や設備、薬を使った治療ができるという大きなメリットは見逃せません。

歯科治療で言えば、インプラント治療や矯正・ホワイトニングといった審美治療など、複雑な病状やコンプレックスの解消、より快適な口内環境を実現するための治療が保険外診療に分類されています。

上図は保険診療と保険外診療の一例を示したものです。同じ治療でも、細かい内容によって健康保険が適用されるかどうかは変わります。

例えば歯周病治療でも歯科衛生士の手で歯石を除去していく治療は保険診療ですが、歯周病の進行でなくなってしまった骨を再生する治療などは保険外診療に分類されます。

おくだ歯科医院の料金は他の歯科医院より高額

保険診療は全国どこの歯科医院でも一律の料金になるよう、ルールで定められています。

しかし保険外診療は歯科医院ごとに料金が設定できるため、どこで治療を受けるかによって患者様が負担する費用も変わります。

他の歯科医院のホームページや診察を受けた患者様ならおわかりかもしれませんが、おくだ歯科医院の保険外診療の料金は、他の歯科医院より高額になる傾向があります。

下表はインプラント治療、歯列矯正治療、ホワイトニング治療の一般的な料金の相場と、当院の平均的な料金を比較したものです。

保険外診療の種類一般的な料金の相場当院の平均的な料金
インプラント治療 1本10万円〜 20万円〜 (手術代別途)
ホワイトニング治療 5,000円〜 3万円〜
補綴治療(詰め物) 5万円〜 8万円〜 (詰め物の素材等による)

これだけを見ると「なんだ、そんなに高いのか。それなら安いところを探そう」と思うかもしれません。

しかし当院の料金が高めになるのには、明確な理由があるのです。

以下でその理由について説明していきますので、もう少しお時間をいただければと思います。

一生涯責任を持ちたいから、一切治療に妥協はしない

当院の料金が高くなってしまう理由

おくだ歯科医院は「一度診た患者様に対して一生涯責任を持ち、二人三脚でお口の健康を守る」という考え方を大切にし、治療に関して一切妥協しない姿勢を貫いています。

そのためには、どうしてもある程度のコストが必要です。

例えば人件費です。当院では歯科医師はもちろんのこと、歯科衛生士や歯科助手、受付にも高いスキルを求めています。

経験と技術を備えた人材を採用するにはコストがかかりますし、素質のある人材を育成するためにはコストだけでなく時間と労力も必要になります。

また歯科医院は、患者様の回転率を高めることで利益を高めることができますが、これでは十分な診察をすることができません。

そのため当院では完全予約制で1人あたり最低30分以上の診察時間を確保しています。

あくまで「最低30分以上」ですから、1時間、2時間かける場合も珍しくありませんし、インプラント手術などになるとさらに時間をかけます。

その分、回転率重視の診察よりも人件費が余計にかかってしまうのです。

加えて設備投資も必要です。

かつてのインプラント手術は執刀医の技術と経験に頼りきりで、歯科用CTやシミュレーションソフトもなく、シミュレーションのための模型の精度も高くありませんでした。

しかし近年は患者様の歯や骨格を正確に把握できる設備やソフトが開発され、模型の精度も格段に向上しています。

患者様にベストの治療を提供するためには、これらの設備が不可欠ですが、実際に導入するとなればそれに見合った費用が必要になります。

短期的な「お得感」は、長期的なマイナスにつながる

たしかに、人材にこだわらず、患者様の回転率を高め、従来の設備で対応すれば、料金を安く設定することは可能です。

おくだ歯科医院も、本当に患者様のためになるのであれば、そのスタイルで治療を行います。

しかしそんなことをすれば治療の質が下がるばかりか、長期的に見た場合の患者様の経済的な負担も大きくなってしまうのです。

仮にインプラントを1本10万円で埋め込めたとしても、数年で抜け落ちてしまえば追加の料金がかかります。

インプラントが抜け落ちるのにはいくつか理由がありますが、インプラントの土台の骨が歯周病などによってなくなったことが原因で抜け落ちた場合、他の歯の骨にまで病状が進行していく可能性があります。

するとインプラントの本数が2本、3本と増えていき、その都度費用も増えていきます。しかし技術と経験のある人材が時間をかけて診察をしなければ、歯周病は治せません。

そのため高い確率で再びインプラントが抜け落ち、さらなる追加の料金がかかることになります。

このように考えると、料金を安く設定して短期的な「お得感」を出してみても、百害あって一利なしであることがわかります。

だからおくだ歯科医院では治療に一切妥協せず、長い目で見た「本当の価値」を追求しているのです。

院長 奥田

お口の健康は、誰もが一生付き合っていくものです。ぜひとも長い目で見て、判断していただければと思います。

まとめ

宣伝効果を考えるのであれば、「当院の費用は他の歯科医院より高いです」などと言うべきではないのかもしれません。

しかし事実を隠しても仕方がありません。大切なのは「なぜ高いのか」を説明し、納得いただいたうえで当院を選んでいただくことだと考えています。

ここまでの内容を読んで「そういうことなら任せたい」と共感してくださるのなら、スタッフ一同これ以上嬉しいことはありません。

院長 奥田

高品質な治療を受けたくても経済的な理由で難しいという患者様には、デンタルローンのご提案もしています。まずは一度ご相談ください。

診療内容

当院について

デンタルコラム

院長紹介

奥田 裕太

1982年生まれ。大阪十三で「おくだ歯科医院」を経営。大切にしているのは「患者様と一緒に悩み、一緒に成長し、笑える、二人三脚の治療」。

詳しく見る