左上の乳歯が痛くて来院された30代女性 A.C様

左上に1本乳歯が残っており、今までも治療を重ねてきました歯でしたが、最後に治療した後から痛みが出てきました。このままでは左側で噛めないと訴えると、抜歯をしてブリッジにすることを勧められましたので、家族の紹介でおくだ歯科を受診しました。

初診時のお口の状態

初診時のレントゲン写真

 
生まれつき永久歯がなく乳歯が揺れており痛くて食事が出来ない状況でした

 

おくだ歯科で診察をしていただくと、左上の乳歯は状態が悪く、やはり保存するのが難しいという事で、矯正治療で隙間を埋めるか、抜歯したあとの隙間をインプラント治療により補うかなど、数パターンの治療のオプションや、それにかかる費用や期間までしっかりと提案して頂きました。矯正治療は、期間の面や、子育てをしながらの環境の中では受け入れがたかったため、インプラント治療を受けることにしました。それに伴う治療の説明も素人の私にもとても分かりやすく、また、術後にはわざわざお電話にて出血や痛みなどを確認して下さり、安心しました。他にも、自分では気づいていなかった部分の歯の治療をしていただいたり、歯磨きの仕方などもとても丁寧に教えて頂けて良かったです。

治療終了時のお口の状態

治療終了時のレントゲン写真

 

現在では最終の被せ物が入り、自分の歯と変わらず食事することができ満足しています。

治療期間約8ヶ月 治療費 約60万円 施術 裕太先生 裕太先生を詳しく見る