歯周病について

歯周病の症状(歯肉炎、歯周炎)

歯周病(昔は歯槽膿漏)は成人の80%は罹っており、歯を失う最も大きな原因です。

おくだ歯科医院 歯周病インプラントセンターはその名のとおり歯周病とインプラント治療を専門分野としています。

pull-out

歯周病はサイレントディジーズ(静かに進行する病気)と言われる慢性疾患です。 その他サイレントディジーズと分類させる疾患に高血圧、糖尿病、などが有名ですが これらの疾患の一番大切なことは羅患(病気にかかってしまうこと)しないように予防することをおくだ歯科医院では第一だと考えています。
高血圧や糖尿病であれば食事制限をしたり、初期に病院に行き投薬(薬をもらうこと)を受ける事などです。

歯科でも定期的に歯石取りを行ったり歯周病の検査を受け予防を行うことは可能ですが、のちほどまた記述しますが残念ながら口の中の歯周病菌の量を測ったり、駆除を行ったり(歯周細菌検査)(抗菌療法)、歯周病ではない人への歯石とりなどの予防は保険治療で行うことが出来ません。

  • 朝起きた時、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い時がある。
  • 硬い物が噛みにくい。
  • 最近、歯が長くなった気がする。
  • 歯と歯の間に隙間が出来て、物が詰まりやすい。

このような自覚症状が一つでもあれば歯周病の初期の状態にあると言われています。

また、不幸にも歯周病に罹患してしまった患者さんには、最新の再生療法や歯周外科処置で歯周病を完治させ、進行しないようにすることを第二に考えています。

歯周病治療において一番重要なことは歯周ポケットなくし、すべての歯にかかる力を平等にすることです。
私たちは歯周ポケットに存在する歯周病原細菌の炎症と噛む力(咬合力と言いますが)のコントロールを患者様自身が毎日コントロールでき、それでも補えないことを数ヶ月に一度の定期検診で補えるところまで回復させることを治療のゴールと考えております。

どんな立派な家が建っていても基礎がシロアリまみれでは、家は壊れてしまいます、このシロアリが歯周病原細菌です。 基礎がしっかりしていてもどこか一点だけに重たいものを載せていたらいつかは家が傾いてしまいます、この重たい物が咬合力です。
つまり歯周病の治療で重要なのは炎症と力のコントロールなのです。

炎症をコントロールするには歯周病原細菌数をコントロールすることが重要です。歯周病原細菌の住処は歯石や歯垢です、それらをある程度除去することは保険治療で可能です。

しかし歯周病細菌自体を除去することは保険診療で認可がおりておらず出来ません。おくだ歯科医院では歯周細菌検査や抗菌療法と言われる、患者様の歯周病原細菌の種類を調べ それに合わせた抗生物質を飲んで頂くことによって細菌自体を駆除する治療も行っております。
医科でいうピロリ菌の駆除をイメージして頂ければ分かりやすいですかね。

また当院では細菌に対してLEDレーザーをあてて殺菌を行う光殺菌療法もおこなっております。これも自費診療になります 医科では肺がんなどの治療などに使用しております。 歯周病細菌は酸素が苦手なので歯周ポケットが深いままだとどんどん奥に進んでいきます。そのため歯石を除去しても再発してしまうこともあります。

さらに歯の根っこは奥歯にいくにつれて複雑な形をしているため歯茎の中の見えない所の歯石をすべて取ることは難しいことが多いです。
その場合当院では歯茎を開け歯石が直接見える状況にしてお掃除をおこなう歯周外科処置を行う場合が多くあります。
これは保険治療のなかでおこなうことができます。

ただ保険治療では骨の形を整える手術の方法が限られていますので 必要に応じては自費での外科処置をお勧めしています。
この処置の目的は歯周ポケットを除去することが目的です。
歯周ポケットを除去するには一番深いところに合わせて整地するか深いポケットに骨の元となる材料を入れて埋め立てるしかありません。
イメージとしては水たまりを無くそうと思うと、深いところに合わせて平らに砂を削るように整地するか、砂をかけて埋め立てるしかないですよね、この砂に例えているのは歯が生えている骨のことです。

この削って平らにする方法は切除療法、埋めて平らにする方法を歯周再生療法と言います。
切除療法の一部は保険診療でも可能ですが、再生療法などの処置はおくだ歯科医院では自費診療で行っております。

また力のコントロールには歯を一本一本に均等に力を分散することが重要です。
特に夜間の歯ぎしりや、日中の食いしばりなどは歯周病を増悪してしまいます。
夜間の歯ぎしりはご自身でコントロールすることが難しいのでナイトガードと言われるマウスピースを作成し装着しておやすみ頂きます。
日中の食いしばりに対しては認知行動療法を行いご自身でコントロールする方法をお勧めしております。
これらは保険診療でおこなっております。

前歯があたっていない場合や八重歯などで歯が噛み合っていない場合など歯並びが原因で均等に力が分散できていない場合は矯正治療が必要になりますのでこれらは自由診療となります。奥歯を虫歯や歯周病で失ってしまい前歯でした力を支えられない場合 奥歯に入れ歯やインプラント治療をおこなって力を均等に分散してあげることによって力のコントロールをおこなう場合がほとんどです。
その場合は入れ歯の一部は保険診療ですが、しっかりと噛む力を支える入れ歯を作ることや、インプラント治療は自費診療となります。

また歯周病による歯茎の炎症は、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病や、さらに女性の方ですと、妊娠性の歯周炎、低体重児や早産のリスク、また骨粗鬆症とも深い関係があるというは研究で明らかになっています。
おくだ歯科医院はお口の中だけではなく生活習慣を見直し、お口の中のケアをして歯周病の治療、予防に当たることは、全身の生活習慣病を予防すると考えております。