歯ぎしり、くいしばりについて

『歯ぎしり』『くいしばり』は決してめずらしい物ではありません。96%の人がしているという報告さえあります。誰でもしている一種の癖と考えてよいと思います。
ですが、毎晩の歯ぎしりや強いくいしばりは単に眠りの妨げになるばかりではなく、確実に歯や顎の間接などを破壊します。磨耗して歯が割れる、折れる、知覚過敏、歯周病が悪化し歯が抜けるなどの原因となるため注意が必要です。

hagishiri

歯ぎしりの防止としてこのようなナイトガード(夜間に入れるマウスピース)を作り、顎や歯に加わる負担を軽減や、歯ぎしりの不快な音を防止します。
歯ぎしりが自分の体重の2倍〜5倍の力で行うと言われています。
つまり女性でも100kg以上の力が毎日歯や顎にかかるのです。歯や顎が悪くなるのは目にみえていますよね。

原因としては大きく分けると

  • 癖・心因性・ストレス性によるもの
    (圧倒的大多数がこのタイプ。ゆううつや不安など、潜在的心理的なものがあり、歯ぎしり、くいしばりをすることによってストレスを発散させていると考えられます。)
  • 習慣性によるもの(職業、職種によるものなど。ごく少数)
     内因性、咬合性によるもの 力仕事が多かったり 集中力が必要な仕事の人に多くみられます。(咬み合わせの異常や顎の変位、不適合の金属冠など。ごく少数。)
  • その他 小児期にみられるもの
    (永久歯と乳歯の入れ替え時期におこる不快感など)

に分けることが出来ますが原因は未だに分かっていないのも現実です。

歯ぎしり・くいしばりから起こる問題としては

  • ①歯への障害
    歯の磨耗、歯の破折、歯がしみる、噛むと痛い等
  • hagishiri02 hagishiri03 hagishiri04
  • ②歯周組織への障害
    歯肉炎、歯周疾患(歯周炎=歯槽膿漏)
  • ③顎関節への障害
    顎関節痛、開口障害、カックン音等
  • ④全身への障害
    顔面痛、頭痛、肩こり、腕のしびれ、腰痛等
  • ⑤その他
    舌痛症(舌に痛みがでる病気)、むちうち症状、倦怠感当

などがあります。
もしこのような症状があったり歯ぎしりやくいしばりをしていると友人や家族に言われたなら一度歯科医院へ受診することをお勧めします。