当院の治療の流れ

当院の治療の流れ

おくだ歯科医院ではまず患者さんが困っている部分や痛みのある部分を処置して症状が改善されると、その歯を最後まで治療終了するのではなく、レントゲンの撮影や歯周病の検査などをすべての患者さんに行わせていただきます。

これは、歯周病はお口の中いる歯周病の細菌が原因であること、歯周病は重度に進行しないと症状が出ないので、痛みのある歯のみのレントゲン検査をしただけでは、歯周病を見逃してしまうからです。そして歯周病の状態や症状が出てないが虫歯が進行している歯や被せや詰め物が合ってなく歯ブラシができないことで歯周病を悪化させている部分を調べて、お口の中全体の治療が必要な全ての部分を調べお口の中全体の治療計画を立てます。このような治療法を一口腔単位の治療と言います。一口腔内単位の治療を行うことが再発を防ぎ、長期に長持ちする治療をするために必要なのです。設計図のない家のリホームや建て替えが上手いかないことは容易に想像がつくでしょう。

そして治療だけを進めていくばかりでなく、歯周病や虫歯の原因となっている磨き残し(歯垢)(プラーク)をご自身が、毎食後に歯や歯ぐきから、効率よく取り除ける毎日のブラッシングの方法を教えてもらうことも再発防ぐために大切です。ちゃんとした毎日の歯ブラシができないと「泥水の中で洗濯する」のと同じでいつまでも口の中はきれいにならいのです。

その後、ご自身での歯ブラシがしっかり出来るようになり歯ぐきの腫れが落ち着けは歯周病の原因である歯石の除去を行っていきます。

歯石除去について詳しくはこちら

歯石の除去を歯一本一本丁寧に行い歯石の除去を行った後もう一度歯周病の検査を行います。
その結果まだ歯周病が残ってしまった場合は歯周外科や歯周再生療法を行い徹底的に歯周病の原因となる歯周ポケットを無くしていきます。

歯周外科、歯周再生療法について詳しくはこちら

歯周病の治療が終了すれば後は必要な患者さんにはしっかりとした被せ物を入れたり噛み合わせの治療を行い治療が終了となります。
ただし治療が終了したと言ってもまたなにかあったら連絡を下さいねではなく

file

これからは定期検診(メンテナンス)のプログラムを患者さん一人一人に作成し歯周病の再発の防止に一緒に取り組んでいきます

お口の中の状態は生活慣習や生活環境の変化により大きく影響をうけます。例えば常用し始めた薬やストレス等で唾液の出る量が大きく変化してある時期急速に虫歯が増えたり、歯周病が進行することも日常多く見うけられます。

このようなお口の中の変化を唾液の量やPHや唾液中の細菌数の変化を検査するなど科学的な根拠に基づいて適切な予防処置を施し、あなたの一生涯に渡っての日々のいろいろな変化にも対応するプログラムで(これを私たちは予防メインテナンス・プログラムと称しています)あなたの大切なお口の健康を維持していく手助けをさせていただきたいと考えています。