よくある質問

Q先日某歯科で歯肉炎と言われ治療をしました。
前からグラグラしていた歯なのですが、治療後前より少し歯のグラグラが強くなっているように感じました。
大丈夫なのですか?
Aどの程度の歯肉炎かにもよりますが、歯肉炎で歯がグラつくことは少ないと思います。
歯肉炎より一歩進んで歯周病になってしまうと、歯を支えている骨が溶けてしまい、グラつくことがありますが、ここまで進行している状態でしょうか?
歯周病まで進行していないのであれば、治療として考えられるのは、歯ブラシ指導か、お口の中の清掃、歯石の除去です。
グラグラだけを一時的に樹脂で固定することもできますが、根本的な治療をお望みであれば歯茎の状態をしっかり検査し、早期の治療が必要かと思われます。
Q大人になってから歯並びが悪くなることって・・・
最近、歯と歯の間の隙間が開いてきて、出っ歯になってきているんですが、大人になってから歯並びが悪くなることってあるんですか?
A大人になってから歯並びが悪くなることはあります。
それは歯周病のひとつの症状です。
歯周病になると何年にもわたって歯を支えている歯槽骨という骨が、お口の中の
細菌によって、溶かされてしまうのです。歯を支えている骨が少なくなるにつれて隙間が大きくなり、歯並びが変わってきます。
一度、歯医者さんでしっかり歯周病の検査治療を受けることをお勧めします。
Q口臭が気になって仕方ないのですが・・・
結構前からなんですが、人と話をするとき自分の口が臭っていないかとても不安。
いつもガムや飴をなめてその場をしのいでいますが、何かもっと良い改善策はないでしょうか?
A口臭には消化器系からのものと口の中の汚れ・歯科疾患からのもので、大きく分けてこの2つがあり、ほとんどが汚れ・歯科疾患です。
その場しのぎでガム・飴を頻繁に舐めるのは虫歯にもつながります。
同じ舐めるのならキシリトール入りをお勧めします。
しかし、根本的な汚れ(プラーク=歯垢)をきれいに取り除かないと解決しません。
歯肉炎・歯周病・虫歯があるところには必ずといっていいほどプラークが溜まりやすいです。
日ごろのブラッシングだけでは取りきれなかったりもするので定期的に歯科医院での専門的なクリーニングや正しいブラッシング指導を受けられると良いでしょう。
他、日頃のブラッシングに加え、リステリンなどの洗口剤でお口をゆすいだり、
舌の上もブラシで軽くクリーニングするのも効果的です。
一度これらを実践されてみて、それでも気になるようでしたらまたご相談ください。
Q歯石ってどれくらいの期間で、再生してくるのですか?
歯医者さんに行って、歯の健康のため、口臭予防のために歯石を取ってもらうのが大好きな僕ですが、この歯石って、どれくらいの期間でくっついてくるのですか?
A各個人のお口の中の状況にもよります。
各個人の口腔内の状況や清掃状態によっても異なりますが、だいたい1~3ヶ月くらいの間に歯石は付いてくると思われます。
ですから、できれば3ヶ月に1度は予防も兼ねたメンテナンスとチェックに通っていただくことをおすすめします。
Q歯磨き粉について
よく、歯磨き粉のCMで「フッ素入り」と言ってますが、
「フッ素」とは何ですか?
どんな役割をするのですか?
A歯と結合し、再石灰化作用があります。
フッ素とは歯と結合し、歯の酸に対する抵抗性を強くします。
また、虫歯の進行を押さえる働きや、さらにごく軽度の虫歯であればもとの状態に修復する働きがあります。これを再石灰化といいます。
自然界の物資でいろいろな食べ物にごく少量ですが、含まれています。
おくだ歯科医院でも右記の歯磨き粉を販売しております。
Q骨粗鬆症なんですが・・・
54歳の主婦です。
骨粗鬆症といわれたのですが、歯の影響が心配です。
歯もボロボロになってくるのでしょうか?
A歯がボロボロになることはありません。しかし・・・
骨密度は40歳前に最大値になり、その後減少します。
骨密度が体格を維持できるレベル以下に低くなり骨折の危険性が増した状態を
骨粗鬆症と言います。
骨の内がスカスカのスポンジのような状態になって骨がもろくなる病気です。
しかし、ご心配のように歯に関しては1度出来あがった歯のカルシウムは出たり入ったりすることはありませんので、ボロボロになることはありません。
でも、歯をさせている歯槽骨(しそうこつ)は骨ですので、歯周病(口の中にいる歯周病菌が歯槽骨を破壊して歯をグラグラにする病気)に関しては密接な関係があります。
ニューヨーク州立大学Grossi氏らの研究では、足の骨の骨密度の低下と歯周病の重症度には関係があり、骨粗鬆症でない人の1.8倍、歯周病を発症する率が高いと報告しています。
以上のような報告がありますが、歯周病は局所の歯周病細菌が原因だから歯周病が進行して歯を失ってしまうということはありません。
歯周病の専門医に相談しましょう。私どもの医院でも適切なアドバイスをさせて頂きますので、いつでも受診していただければと思っています。
しかし、歯周病を悪化させる危険因子(オッズ比1.8倍)である「骨粗鬆症」にならないようにまた進行しないようにしたほうが良いにこしたことはありません。
そこで骨粗鬆症を予防するには若い頃から
①1日600mgの必要カルシウムを取る
②適度に日光を浴びてビタミンDをふやす
③適度の運動を心がける
をして40歳で最大になる骨密度を高くしておく必要があります。
特に女性は50歳頃閉経期を迎えるとエストロゲンの分泌が低下するので男性よりも骨粗鬆症になりやすくなります。
それでなくても40歳ごろから骨密度は減り続け、80歳で60%位になります。上記のような①~③のことを注意して1日600mgのカルシウムの摂取を続けましょう。
食品とカルシウム量         カルシウム量
「例」牛乳200cc =      230mg
ヨーグルト半カップ  =      130mg
豆腐(木綿)半丁    =      180mg
いわし丸干し(1尾) =       90mg
しらす干し20g   =      105mg
ししゃも1尾     =      105mg
小松菜80g     =      140mg
Q骨粗鬆症について
骨粗鬆症のQ&Aを見て質問があります。
骨粗鬆症に関しては理解できたのですが、
答えの中に「歯周病の専門医に相談しましょう」と記載されているのですが、
専門医かどうかどうして知ることができるのでしょうか?
A大変申し訳ありません。
現在の日本では医療法により診療科目は「歯科」「歯列矯正」「口腔外科」「小児歯科」の4科目しか標榜できない規制があります。
歯周病の専門医あるいは歯周病治療に力を入れている先生を探すにはまず、
①ホームページで検索されてその医院の先生が歯周病に関する学会に所属しているか、またその歯周病学会の認定医指導医であるかも1つの目安かと思います。
私の考えですので、一般的には正しいとはいいかねるかもしれませんが、各々の歯の周囲を何箇所にも分けて歯周ポケット(歯周病進行具合)の値を測定してくれてその結果を説明してくれるのか
②歯周病の原因であるプラークを取り除くためのホームケアの方法(歯ブラシ指導など)や定期的なメンテナンスの方法(3ヶ月~6ヶ月あるいは、1年毎)を指導して実施してくれるのか
③歯周病が進行していたら少なくとも2回~6回位(30分~1時間くらい時間をかけて)歯茎の中の歯石を1本づつ、いろいろな器具を使って丁寧に歯石を取ってくれるか?
④場合によっては麻酔して歯石をとったり必要なら歯周外科処置までして歯周病の原因を取除いてくれるか以上のような事をしてくれるかどうかも歯周病を専門に考えておられるほんの一つ基準になるかと思います。参考にしていただければと思います。
Q今の歯医者じゃ歯石は取ってもらえないんです・・・
表面の歯石だけじゃなく、歯茎の中の歯石もきれいに取ってもらいたいんですが、
今通っている歯医者では、歯茎の中まで、取ってくれません。
どういったら取ってもらえますか?
A技術のある歯医者さんを選ばれた方がよろしいかと思います。
歯石は歯を支えている骨を溶かす細菌の棲家であり、
歯周病を進行させる原因となりますので、表面の歯石にはもちろん、
ご希望のように歯茎の中の歯石を取ることがとても大切なこととなります。
ただ、歯茎の中のお掃除は麻酔をして、時間をかけてゆっくりお掃除をしていかないといけないので、それなりの技術も必要となり、
医院によっては、自費でされているところもありますので一度担当の歯科衛生士さんにご相談ください。