審美障害について

審美障害について日本の保険治療では機能、物が食べれることが優先とされている傾向があるように私は思います。なぜなら物が食べれなければ栄養不足になり病気になってしまいます。病気の治療をすることが保険治療であって銀色の歯が入っていたり入れ歯のバネが見えていたり、入れ歯で好きな物が食べれないことは現在病気と分類されていないからです。
それは日本の医療費は決まっていますのでどうしても仕方がないことなのかもしれません。インプラントやセラミック治療が保険治療でできるようになるのはこの高齢化社会で医療費がどんどん大きくなる現在では難しいのかもしれません
しかし人間はもっと色々な物が食べたい、もっと白い歯や、綺麗な歯になって手で口を隠さず笑いたいと思うのが人間だと思います。

それはある意味、審美障害と言う病気なのではないかと私は思います。
審美治療では患者様一人ひとりの顔貌や笑った時の口唇の形や口唇の色調に合った美しい歯や歯並び、自然感あふれるきれいな口元を取り戻すことができます。
セラミック材などを用いて、より自然感のある歯を甦らせることができます。
また、歯周形成外科や矯正治療、ラミネート治療、ホワイトニングでもより美しい口元を作ることができます。

おくだ歯科医院では審美治療のフローチャートがありますので以下の表を参考にして治療をおこなっております。