2017年7月のデンタルニュース一般歯科医院で、歯を削る機器が7割使い回し

こんにちは。アシスタントの山口です

先日、新聞を読んでいますと…

一般歯科医院で、歯を削る機器(タービンヘッド)が7割使い回し

という記事が読売新聞で掲載されていました。

 

名称未設定1

 

新聞の内容は

全国の歯科医療機関の半数近くが、

歯を削る医療機器を患者ごとに交換せずに使い回している可能性があることが、

2017年の厚生労働省研究班(代表=江草宏・東北大学歯学部教授)の調査でわかったとのことでした。

 

5年前の調査では使い回しが7割弱だったに比べて改善したものの

院内感染のリスクが根強く残る現状が浮き彫りになっているようです。

 

おくだ歯科医院では

口に入れるものはすべて滅菌し院内感染対策を徹底予防し

患者さんの目には見えないところでも徹底した衛生管理を心がけています。 

 

 

使用したハンドピースは全て

 

名称未設定2

 

ハンドピース自動注油機器~クアトロケアプラス2124A~

 

この機械でタービン(歯を治療する器具)の中を1本1本オイル洗浄しています
オイルと空気を同時に送ることで目に見えない菌や削りカスを洗い流すことができる機械

 

※先日、院内アンケートでタービンオイルの味がするとご指摘をうけました。

注油後のオイル抜きの時間を増やし、改善に努めています。

 

注油後は下記の機械にて滅菌しています。

名称未設定3

 

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)~ユヤマ製作所YS-A-C107J~

 

医療器具を無菌状態にするために定められた温度と圧力の飽和水蒸気を作り

高温と高圧(2気圧、132℃)で細菌、ウィルスを死滅させる機械オートクレーブにて

滅菌処理を行い患者さんごとに滅菌済みの器具を使用しています。

 

もちろん紙コップやエプロン、手袋などは

患者様一人一人に使い捨て(ディスポーザブル)のものを使用し

歯ブラシはお手数ですが患者様一人一人に持参して頂くか、必要であれば購入して頂いています。

 

最後に、新聞で使いまわしを見分けるために治療の部屋に入った時にドリル(歯を治療する器具)が椅子に付いていたら使いまわしの可能性が高いと書かれていましたが、当院では完全予約制ですので患者さんを待たせない為にも治療に使う器具は患者様は席に入られる前に全て準備しますのでドリルは椅子に準備はしていますが全て滅菌していますのでご安心くださいね。